番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

WELCOME TO TAKARAZUKA−雪と月と花と−(’20年月組・宝塚)字幕

日本人の精神性の原点ともされる「雪月花」をテーマに、四季折々の自然の美しさ、そこから生まれる心情をテーマに紡ぎ上げる日本物レビュー。歌舞伎界のみならず様々な舞台で活躍を続ける坂東玉三郎氏が初めて宝塚歌劇を監修。又、長年に亘り宝塚歌劇の伝統を支え日本舞踊を極めてきた、専科・松本悠里がこの公演で退団した。'20年月組・宝塚大劇場(A日程)。監修は坂東玉三郎。作・演出は植田紳爾。珠城りょう、美園さくら、月城かなと 他。舞台に一気に明りが入ると、爛漫の桜。絢爛豪華な桃山風の男女が夢の世界へ観客を誘うプロローグ。この公演で初舞台を踏む第106期生の口上。朱の千本鳥居が闇の中に浮かぶ雪の巻。朱の大振り袖姿の雪の女S(松本)が帰らぬ人を待ち続ける。沈黙の闇から月が満ちていく様を、月の男S(珠城)と月の女S(美園)を中心に一糸乱れぬ力強い群舞で表現する月の巻。女性の残像を微かに残した花の男(月城)が鏡の前で振りの確認をしていると、鏡に写る男が溌剌と踊りだす花の巻等。

主な出演者松本悠里/珠城りょう、美園さくら、月城かなと 他

放送日時
2022年05月01(21:00)、05(19:00)、08(14:00)、10(23:00)、27(14:00)、30(08:30)

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

WELCOME TO TAKARAZUKA−雪と月と花と−(’20年月組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。