番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

桜嵐記(’21年月組・東京・新人公演)字幕

「太平記」や「吉野拾遺」などに伝承の残る南朝の武将・楠木正行の、儚くも鮮烈な命の軌跡を、一閃の光のような弁内侍との恋と共に描く。'21年月組・東京宝塚劇場・新人公演。作・演出は上田久美子。新人公演担当は熊倉飛鳥。礼華はる、きよら羽龍 他。貞和3年。住吉・阿倍野の合戦において、弟の正時(一星慧/本役は鳳月杏。以下同じ)、正儀(彩音星凪/月城かなと)らと共に少数の兵で善戦していた楠木正行(礼華/珠城りょう)は、峠道でとある網代輿が北朝の高師直の手先に襲われているところに出くわす。正行は男たちを蹴散らし、輿に乗っていた南朝の女官・弁内侍(きよら/美園さくら)を救う。しかし弁内侍は好色な師直の下心を知りつつ、わざと誘いに乗り師直の寝首を掻くつもりだったと言い、正行が助けたことをなじるのだった。正行は敵愾心に震える彼女を吉野まで送り届けるため、半ば強引に自らの軍に同道させる。道中、弁内侍は無骨だが高潔な正行の人柄に触れ、次第に惹かれていく。正行は山深い吉野の行宮へ弁内侍を伴って凱旋。戦勝を報告する傍ら、南朝の公卿たちに北朝と和睦するべきだと主張する。しかし居丈高な公卿たちは北朝を倒して京を奪還することしか頭になく、心優しい後村上天皇(彩路ゆりか/暁千星)も後醍醐天皇の遺志に縛られ、戦いをやめることはできないのだった。正義は、自分たちは何のために戦っているのかという憤りを正行にぶつける。それは正行自身もまた、己に投げかけている問だった。やがて、吉野の桜が爛漫と咲き乱れる季節が訪れ、四条畷の決戦が目前に迫ってくる。何のために戦うのか―桜嵐の中、正行は己の選んだ道を歩んでいく・・・。

主な出演者礼華はる、きよら羽龍 他

放送日時

  • 誠実な舞台姿に魅了されました
    投稿者:スマイル
    この作品は、コロナ禍が続く中で新人公演が再開され、101期生の礼華はるさんが、満を持しての主演でした。
    礼華はるさんが演じられた楠木正行は、若さ溢れる大変美しい若武者でした。お芝居の一番最後の上手花道から銀橋に向かう時の表情が、素晴らしかったです。
    また、他のお役を演じている方々も「桜嵐記」の時代を懸命に生きていて、観ていてとても清々しい気持ちになりました。
    登場人物の誰に視点を当てるかによっても感じ方が変わる作品なので、リピート鑑賞をして楽しみたいです。



    投稿日時:2023年01月14日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

桜嵐記(’21年月組・東京・新人公演)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。